ZOZOの社長前澤友作について

ZOZOの社長前澤友作について

❶前澤友作社長とは

2019年1月初旬、アパレルのオンラインショッピングサイトを運営しているZOZOTOWNの社長前澤優作がSNSで大きく話題となりました。
前澤友作社長といえば、莫大な資産を利用してアーティストの活動支援を行ったり、米宇宙開発企業と共同で月旅行を行う契約を立てアーティストを招待したりするなど、何かと話題性の高い人物として有名です。

今回は一体何があったのでしょうか。話題となった理由は前澤優作社長がTwitterのアカウントから発信した、リツイートしたフォロワーに100人に現金100万円、つまり合計1億円をプレゼントするという旨の斬新なツイート。

このツイートはTwitterリツイート数世界記録を更新し、最終的には538万リツイートという凄まじい記録を打ち立てました。
リツイートしたフォロワーに現金やiTunesカードをプレゼントするという企画を行うというツイートは以前からありましたが、これほど有名な資産家が大規模で行うのは初めてということで、話題を呼んだのです。

これだけの数の応募、つまりリツイートがあったということは、前澤優作社長がそれだけ世間の人々の信頼を集めていたことを意味するでしょう。

❷合計1億円お年玉キャンペーンの世間の反応は?

私のTwitterアカウントにも、このツイートは流れてきました。
そして何より印象的だったのはその後の世間の反応です。

企画ツイートが話題になり始めた頃は、どうせ人気と注目が欲しいだけだろうという批判ツイートもありました。
しかし、抽選が近づく頃には100万円で何がしたいだとか、肯定的なツイートが増えていきました。

ついには前澤社長がTwitterのトップトレンドに入ったほどです。
現在もリツイートそのものが前沢社長の100万分の価値があるというようなツイートが回ってくるということがあったので、ある意味SNS社会の物差しのようになったのだと思います。

また、企画終了後には流行に乗じて他の著名人も続々と同様の企画を発表していました。
前澤友作社長は実質的にSNSの流行の最先端を作り上げたのです。

❸話題性からZOZOTOWNの株価が急上昇

総額1億円を配った前澤友作社長ですが、彼自身にも凄まじい恩恵が帰ってきたことには間違いありません。
Twitterのフォロワーを大幅に増やし話題を獲得しただけでなく、話題性からZOZOTOWNの株価が急上昇し、18億円もの利益が出たという試算もあります。

また、企画終了直後に自社サイトのセール情報を呟くなどの宣伝も行い、多くの利益を得たことでしょう。
彼は今までにも革新的で話題性のある発表で何度も社会の注目を集めてきました。

誰もやったことのないことにチャレンジする精神、それを巧みに利用して新たなビジネスに仕立て上げる能力、そして得たお金からまた新しいことへチャレンジしていくというサイクルは、資産家としての才能と呼べるかもしれません。

月旅行、1億円…この次彼はどのようにして我々を驚かしてくれるのか、今も注目を集め続けています。

5manpo

コメントは受け付けていません。